読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

just you jump!

すのーまんとあべくんのファンです twitter@kjmayuko

私がはまださんに堕ちるまで①

初めて書く記事でこんなこと書くのかよ!と思われる方もいるかもしれませんが、何を隠そうこれが書きたくてはてなブログに登録したようなものです(笑)

 

担降りの経緯とそのとき感じたこと。

もし嫌な予感がした方は見ないほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、私はeighterを、丸山担を7、8年もの間名乗っていました。決して短い期間とは言えないと思います。中高生の、人格が形成されるような時期にもずっと好きでしたし、大きな影響を受けたことに間違いありません。

その間は少なくとも1ツアー1回はコンサートに足を運んでいて、何回も入ることももちろんあったし遠征もしました。

それに、まわりの人の担降りの話を聞いても、それが自分にも起こるだなんてみじんも想像してなかった。丸山担しか経験していない私にはどこか他人事だった。

 

それが何故、担降りするに至ったのか。

 

そもそも私は丸山担を名乗ってはいたものの、最後の1、2年はほぼオタク活動をしていない状況でした。基本的に生活にTVが組み込まれていないので、1日まったく見ない日もしょっちゅうです。レギュラー番組や主演ドラマさえ見ていませんでした。(コンサートは友人の誘いもあって毎回行っていて、FCも継続していた)

 

ここに至ったのは、エイトうんぬんというより私生活忙しさが大きいです。

 

そんなとき、リサイタル静岡に行った帰りの電車で、その友人がヲタ卒すると宣言したのです。

内心「これは私もフェードアウトしてヲタ卒することになるかな…」と思っていました。

だってジャニーズの他のグループの特色、個々のキャラも大体知っていたし、いまさら他にもう一度熱を上げるなんて考えられなかったから。

 

で、帰ってからもいつも通りの日々を過ごしていたのですが、ある日(たしか年末くらい)、お母さんが突然ラッキィィィィィィィ7を買ってきたのです!

 

なんでやねん!となるかもしれませんが、お母さんも無類のジャニーズ好きで、気まぐれに良さそうなCDを買ってくることがしばしば。(おかげで家にはV6、きんき、たきつ、NEWS、KAT-TUN、キスマイ、えびなどが時系列ばらばらにあります)おまけにお母さんは以前からしげちゃんのお顔がとっても好みなようだったので、これは自然な流れなのです。

 

エイトが好きだった以上、WESTのことはもちろん全員知っていましたし、兄組なんかは個々のキャラやオリジナル曲もそれなりに知っていました。

とりあえず聴いてみる。どんちゃかしてるの多いけどユニットも色々でおもしろい!てりぶるかっけーな!あれ、意外とみんな歌うまくね?

でもこのときは別に担降りとかは考えていません。でも興味を持っていくつか動画を見るようになり、

 

 

私を一番引きずりこんだのは、少クラで披露していたSCARSを見たときです。

 

「壊れるくらい抱きしめあってく」と歌う望に、息を飲みました。

 

元々私は歌声が好みだと一気に持っていかれる傾向があるのですが、これはまさにそれでした。十代とは思えない切なさをはらんだ歌声。

 

この動画は本当に何度も何度も繰り返し見ました。(キミコイもかなり見た)自分の携帯が通信制限になっては困るので使用頻度が超絶低いお母さんの携帯で(笑)

 

 

………???

 

あれ?私小瀧担じゃないよね??

 

そうです。はまださんに堕ちるのはもう少し先のお話。

 

続きはまた次回~~